家の写真_トップページ用

明けまして16日も過ぎてしまいました。
実は鑑定の仕事であまり正月も休めず、昨日、それを提出して少し気が抜けているところです。
不動産鑑定士で地価公示の評価員をやっていると、毎年年末年始はこんなものですね。
今年の感想は、地価はますます勝組と負組の差が拡がってきた印象があります。
今も下り続けている土地は、言葉は悪いですが負組に入ります。
ただ、負組から脱出するために日々努力されている方々もいらっしゃるでしょうし、なかには地価下落が止まる土地もあるかもしれません。
しかし、一般の方が土地を購入する場合、やはり衰退していく地域で購入するのは、地縁がない限り勇気がいりますよね。
そんな時に一つの指標として、国土交通省のwebから地価公示を閲覧することをお薦めします。
年毎に見るのがちょっと面倒な点もありますが、お調べしたいところを複数年見て頂き、変動の動きを把握して頂ければと思います。
... See MoreSee Less

View on Facebook

リアル・タウン・ジャパンは12月26日~1月4日まで年末年始のお休みを頂きます。
皆様、よいお年をお迎えください!
... See MoreSee Less

View on Facebook

かなり御無沙汰してしまいました。年末に向けてバタバタな状態です。さて、12月も10日を過ぎるとそろそろ不動産の取引も終わりかなという時期ですが、年末はなぜかバタバタするのであまり取引はやりたくありません(笑)
バタバタするのは売主も買主も業者も共通ですが、買主の方も家のローンの他に家具なんかを買おうとして、銀行から融資を受けたら、実は窓口は銀行でも消費者金融から借りたことになっている(銀行が委託するため)なんて話もありました。そんなのが住宅ローンの実行前に判明すると、最悪の場合、ローンが下りないなんてこともあるので大変です。やはり住宅購入の際は、家以外にもお金がかかる事が多いので、計画的な資金繰りを考えなければいけませんね。
... See MoreSee Less

View on Facebook

下記に関連して、マンションを選ぶ際にはあのような事態を回避するために、なるべく地域の地勢が平坦な場所にある物件を選びたいところです。支持層が平坦であればあのような問題は起らなかったわけですから。
ただ、趣があるのは傾斜なんですよね。眺望がいいのは高台に位置するマンションですものね。

また、そもそも杭の無いベタ基礎のマンションもあります。ベタ基礎で施行する場合は、表面近くに固い地盤があるために杭が必要無いわけです。ある意味、杭が本当に支持層に達しているか信用できないのであれば、杭の無いマンションを選ぶというのも一つの考えかと思いました。
... See MoreSee Less

View on Facebook

横浜のマンションの杭等の問題は、一企業の問題ではなく、建設、不動産業界全体の問題に波及してきそうな予感がします。
あってはならないですが、コスト、工期を重視し、同様な問題を抱えたマンションがいったい幾つあるのでしょうか。
信頼を失うということは、業界全体を停滞させることになりますし、投資不動産市場としての日本の格付けが落ちてしまうことになるかもしれません。
... See MoreSee Less

View on Facebook